多重債務で悩んでいる人にとっておまとめローンの存在はとても気になるのではないでしょうか。
 
多重債務に陥ると借金そのものの悩みはもちろんですが、返済日や引き落とし日がそれぞれ異なったり、返済金額が加算されるので返済そのものがどうしても大きな負担になってしまいます。
 
 
例えば3社から10万円ずつ借りていると、1社への返済が4,000円であれば毎月12,000円。1社で30万円借りた方が安い返済のケースもあります。

 

 

月々の負担を減らせるかもしれないおまとめローンに興味を持つのも頷けますし、どのようなものなのか知っておいて損はありません。
 
ですが、借金の状況によっては「絶対に得をする」とは言い切れない人もいます。そこでおまとめローンの特徴やメリットとデメリット。
 
 
そしてどのような人が得をするのかをチェックしてみるとしましょう。

 

 

・指標となるのは金利です

やはりここでも指標となるのが金利です。おまとめローンの金利が現在お金を借りている金融機関の金利よりも低い場合、返済総額を抑えられます。

 

 

お金を借りると金利分の利息が付いてしまいますが、多重債務で苦しんでいる人の多くが、利息ばかりを支払っているのでなかなか元本が減らず、いつゴール出来るのか分からないので次第に経済力だけではなく精神的に疲弊していきます。
 
金利が1%違うだけでも返済・支払総額は変わります。とにかく早く返済して身軽になりたい多重債務の人にとっては金利次第ではメリットになります。

 

 

逆に言えば、いくらおまろめローンではあっても現在借りている金融機関よりも金利が高い場合、支払の一元化はメリットになりますが返済総額が増える可能性があります。

 

 

「おまろめローン=借金の一元化=メリット」ではなく、あくまでも金利次第です。

 

 

返済総額にこだわるのであれば、高い金利でおまとめローンを行うよりそのまま多重債務を続けていた方が返済総額は抑えられます。

 

 

返済総額という観点から得になるか損をするかは、おまとめローンそのものの性質ではなくあくまでも金利です。

 

銀行系金融機関であれば総量規制にも引っ掛かりません

 
 
おまろめローンは行いたい。でも総量規制で…と悩んでいる人も多いようですが、総量規制の対象はあくまでも消費者金融と信販会社であって、銀行に関しては除外されています。
 
 

そのため、総量規制に引っ掛かっている人であっても銀行が提供しているおまろめローンは利用出来る可能性があります。

 

 

 

もちろん審査を受けなければなりませんので、「総量規制でも必ず審査に通過する」ではありません。

 

 

銀行は信販会社、消費者金融と比べて審査が厳しいことで知られていますが、おまとめローンも同様です。

 

 

多重債務云々抜きに、利用者が借りたいと申し出ている金額と収入等のステータスを審査され、銀行側が「いずれ返済が滞るリスクがある」と感じたら審査には通りません。
おまとめローンだからといって審査が甘くなるものではありませんのでその点は注意しましょう。

 

 

一方では限度額次第では収入証明書の提出が不要な所もあります。おまとめローンも銀行によってそれぞれ微妙に異なりますので、よくよく調べておくと良いでしょう。

 

 

自転車操業を行っている人は注意が必要なものも

 

借りては返し、返しては借りて…。いわゆる自転車操業を繰り返している人にとっては、おまとめローンは必ずしもメリットとは言い切れない部分があります。
 
 
なぜなら、おまとめローンの中には返済のみのものがあるのです。

 

 

 

キャッシングであれば返済して利用限度枠に余裕が出た分はキャッシング出来ます。返済したその瞬間に再びキャッシングしなければならない程困っている人もいるのではないでしょうか?
 
 
おまとめローンの中にはキャッシング同様、余裕のある枠分は借り入れ出来る所もあれば、余裕の有無ではなく、あくまでも「返済のみ」の所もあります。

 

 

このようなおまとめローンの場合、冒頭で出た「借りては返し、返しては借りて…」を繰り返している人にとっては「返すだけ」になりますので、借金は減っていきますが一方では現実問題お金をどのように工面するのかで悩まされる可能性もあります。

 

 

イメージ的に、おまとめローンは多重債務で悩んでいる人を救ってくれるサービスだと思われていますが、おまとめローンを紐解いてみると必ずしも「絶対にお得」とは言い切れない部分もあります。
 
 
もちろん人によってはおまとめローンが大きな魅力になるケースもありますので、多重債務で悩んでいる人はおまとめローンの利用を考える前に「本当に得なのか」「自分自身にどのようなメリットをもたらしてくれるのか」を調べた上で検討すると良いでしょう。