【大学に行きたい、でも…】
 
高校生の皆さんの中には、大学への進学を希望しているものの、家庭の事情で諦めようかと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
せっかく、やりたいことや進みたい道があるのに金銭的な事情でそれを諦めるのは、悔しいですよね。
 
一度就職して、貯金をして、それから大学へ行く道もありますが、その分卒業が遅れるのは必至。
 
出来ることなら高校を卒業してすぐ、進学したいですよね。
 
そんな時に活用したいのが、奨学金。
 
ここでは、奨学金の活用方法と注意すべき点をお伝えしていきます。
 
あなたが、理想の進路を歩めるよう、応援していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

【奨学金とは】

 
奨学金とは、その名の通り、学ぶことを奨励するお金です。
 
なかには、奨学金ときくと「賢くないともらえないんじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
ですが、奨学金にはいくつか種類があります。
 
大学が給付している、つまり、大学独自の返済不要のものは確かに学力審査があるものがほとんどです。
 
 
しかし、家庭の年収によっては学力に関係なく申請すれば通るものもあります。
 
 
【JASSOとは】
 
そのうちの一つが、日本学生支援機構、通称「JASSO」です。
 
「JASSO」では、家庭の収入に応じて無利子と有利子の貸付金が用意されています。
 
もうお気づきかもしれませんが、「JASSO」は、貸付型です。
 

 
つまり、返済が必要です。
 
また、家庭の年収によっては利子がかかります。
 
いずれにせよ、大学を卒業した年の10月から返済が必要となりますので、いわゆる借金を背負う形にはなります。
 
 
しかし、一般的なローンに比べると利子も低額であり、社会的にも「ローン」「借金」よりも「奨学金」と言った方が様々な面で優遇されるのは事実です。
 

 

【貸付額はよく考えて】

 
「JASSO」の貸付額は、月額ごとに複数パターン用意されています。
 
学費や生活環境によって、最適な額を設定しましょう。
 
この考え方は様々ですが、
 
・返済額を少しでも減らすために、バイトでまかないつつ最低限の額にする。
 
・社会人になってから頑張って返済するかわりに、今は好きなことをして過ごしたい。だから余裕を持った金額を借りる。
 
・ある程度までは親が出してくれそうなので(年収制限に注意)、その分を省いた額を借りる。
 
などと言った方法があります。
 
自分が将来返済を続けることを考えて、何が一番ベストなのかを選びましょう。
 
【卒業後】
 
大学4年生のある時期になると、「JASSO」の返済説明会が開かれます。
 
それまでにも毎年、継続借入の申請が必要です。
 
両方、大学よりアナウンスがありますので、情報の入手漏れがないよう気をつけましょう。
 
さて、その返済説明会に出たら、あとは卒業後の返済を待ちます。
 
この時も、月ごとの返済額は選べますので得られる収入によって考えてみましょう。
 
【返済について】
 
返済額は基本的に毎月一定に設定します。
 
しかし、臨時収入やボーナスが入った時にある程度まとめて返済することも可能です。
 
 
返済期間が長くなれば長くなるほど、有利子の貸付金は返済が膨らみます。
 
 
利子をできるだけ減らすためにも、できるだけ短時間で返済したいですよね。
 
 
単純計算をすると、卒業後から四十代になるまで返済を続けるパターンが一般的ですが、できるだけ早く返済を終えるのが得策です。
 
 
また、反対に何らかの原因で返済が困難になった場合、その返済を一時停止することができます。
 
 
返済予定なのに、返済ができないと未返済ということで催促がきます。
 
それでも応じない場合は返済の意思がないとみなされ、保証人に連絡が行ったり、最悪の場合ブラックリストに載ってしまいます。
 
ブラックリストに載ると、その後クレジットカードを作ったり家購入のローンが組めなくなったりと人生に影響を及ぼしてしまいますので要注意です。
 
少しでも生活に困ることがあれば、事務局に連絡をして指示を仰ぎ、それに従いましょう。

 
 

【奨学金で注意すること】

 
ここまでで、奨学金の基本についてお話をしてきました。いかがでしょうか。
 
 

奨学金は、大変便利ですが、大学卒業後から返済がスタートする、いわゆる借金です。
 

 
借り入れる際には、むやみに額を増やすのではなく、本当に必要な額なのか、どうやって返済をして行くのかを考えるようにしてくださいね。
 
 
また、返済が始まってからは、できる限り早く返すこと。
 
 
ただし、無理がある場合には黙ってどうにかしようとせず、必ず相談することを意識してみてください。
 
 

【さいごに】
 
今や、四年生大学に通っている約半数が、何らかの奨学金を利用していると言われています。
 
ひとくちに家庭の事情、金銭的な事情といっても様々だとは思いますが、可能なのであれば、上手に奨学金を利用して大学に通い、将来の選択肢を広げたいですね。
 
あなたの未来がより良いものになるよう、祈っています!