お金を増やすなら長期視点の方が有利な理由は

 

お金の増やし方は様々ありますが、短期間で増やそうと思う場合は相応のリスクを覚悟する必要があります。
 

もちろん、リスクが少ない増やし方はあるものの、安定して増えない場合や、大きく増やすことができないことが一般的です。また、どうしても労力やお金が集中してしまうため、結果にばらつきが出やすいのです。
 

 

長期視点で考えた場合は、多少の失敗が含まれても全体で見れば許容範囲である可能性が増していきます。
 

 

特に投資を含めてお金を増やす場合は、一つ外れても他の利益でカバーすることや、複数失敗しても他で数十倍の利益をだせればお釣りが出ることが多いからです。
 

手持ちの資金の有り無しでも大きく内容は変わるため、あまり結果を急ぎ過ぎないことも重要になるのです。・一番わかりやすいのはFXなどの外貨取引
 

お金を増やす方法で最も短時間に結果をだしやすいのがFXです。為替を利用した外貨取引で利益をだす手法で、数分から数時間単位の取引で莫大な利益をあげる人もいます。
 

 

一方で、為替が変動する要素をすべて読み切ることは難しく、大損をしてしまう人も多いのが特徴となっています。長期投資も可能ですが、どの程度利益が出るか読みづらい部分もあります。
 

 

経済に関するニュースを積極的に収集していくなど、自分の能力を磨く工夫も大切になってきます。
 

また、FXではプログラムやAIを利用した取引が活発化しています。システムトレードと呼ばれる手法も一般的になっており、最初に設定した情報を元に取引を自動化する人も増えています。
 

 

これは人間が操作した場合はヒューマンエラーを起こしてしまう場合や、同じくコンピューター同士の高速取引が発生した際に人間では対応が追い付かないためです。
 
実績をあげているシステムを扱う会社と契約するなど、自分の実力以外の工夫で利益をあげている人もいるのです。
 
 
常に成功するとは限らないため、利用する場合はあくまで余裕資金を利用するのが基本になります。
 

低リスクで地味に稼ぐならポイントサイトを活用

 
お金を増やす上でリスクを背負いたくない場合は、ポイントサイト等を利用するのが定石になりつつあります。「げん玉」や「モッピー」が代表的なサイトで、運営企業は上場も果たしています。
 
 
ポイントサイトは広告収入を利用し、その収益の一部を利用者に還元する仕組みになっています。例えばバナーのクリックや、スポンサーサイトでの会員登録や買い物で、ポイントサイトにはスポンサーから広告収入や紹介報酬が入ります。
 
 
その数パーセントから数十パーセントをポイントとして会員に付与し、現金などに還元できるようになっているのです。
 
特におすすめなのがクレジットカードの会員登録です。クレジットカードの発行は1件当たり数千円のポイントバックが発生することが多く、複数枚登録すれば副収入になります。
 
 
「げん玉」貯まったポイントに利息が発生するサイトも存在するため、ある程度ポイントを貯めて放置しておけば年利1パーセント程度のポイントバックを受けることが可能です。
 
 
また、自分が紹介したURLから新しい会員が登録した場合、その会員が獲得したポイントの一部が貰えるのが一般的です。ブログなどでポイントサイトの紹介を行い、登録者を増やすことで安定した不労収入を得ている人も存在するのです。
 
 
ブログ以外のSNSも連動させればアクセス率が高まるため、メディアを使って様々な場所で広告をすれば収入を増やしやすくなります。
 

株式などの投資はリスクのコントロールが重要に

 
 

お金を安定して増やす方法に必ず登場するのが、株式や不動産投資と言った投資です。外国債など、貨幣価値の変動によって元本が保証されないものも多く、どのようにリスクを管理するかが重要になってきます。
 
ポイントになるのはリスクの分散です。株式に投資する際も一つの会社に投資し、その会社が倒産の危機となれば最悪すべての資産を失ってしまう可能性があります。投資をする際は分散して行い、一つが価値を失っても他でカバーできるように工夫するのが基本になるのです。
 
 
たとえば、一流企業の株式だけでなく、新興企業に投資するのは一つの手法です。一流企業は倒産のリスクが少ないものの、株価の伸びに期待ができないケースは珍しくなく、年間の利回りでは物足りないケースがあります。
 
 
一方で新興企業の場合は経営が波に乗れば株価が大きく上昇する可能性があります。実質的な利回りが高くなるため、低リスクの物と、ハイリスクの物を自分の資産規模と希望するリターンに応じて組み合わせるのが重要になるのです。
 
また、日経平均株価と連動し、値段が下がるほど価値が高まる商品も存在するため、価値が上がるだけでなく下がることを予測することで儲ける手法も存在します。
 
 

不動産投資は長期の収益をあげるのに向いていると言われていますが、実際は人口源が見込まれる地域が多く、リスクの管理にはシビアになる必要があります。

 
 
景気動向などによって一気に不動産価値が下がる可能性があるため、場合によっては早めに売却して手持ちの資金にかえた方が良いこともあります。
 
重要なのは1年で、あるいは10年単位でどれだけのリターンが得られるかで、利回りにシビアになることがお金を増やすコツになっているのです。