■お金を借りるのにも色々な方法がある

 
急な出費でお金が足りない状態になった場合には、出来るだけ周りの人に迷惑にならない方法でお金を用意することが重要です。

 

 

身内に借りたり知人に借りると言う行為は人間関係を壊す原因にもなりますので決して行ってはいけない方法となります。

 

 

ではどのような方法であれば自分だけの力でお金を用意できるのかと言えば、カードローンやクレジットカードのキャッシングの利用が最も良い選択肢となります。

 

 

カードローンの場合は銀行や消費者金融のカードローンがありますし、キャッシングに関してはクレジットカードを契約していれば最近では標準装備でそのサービスが利用可能になっているケースが多いと言えます。

 

 

どちらの場合もお金を借りることが出来る点においては大きな違いがありませんが、カードローンとキャッシングには根本的な違いがあるのでその点を理解してから利用すると言うことが望ましいと言えます。

 

■カードローンとキャッシングの違い

 
カードローンとキャッシングを比べた場合、何が違うのかと言えばカードローンは純粋にお金を借りるためのサービスであるのに対し、キャッシングはクレジットカードを利用する場合のサービスの一部であると言う事です。

 

 

カードローンの場合は限度額までであれば100%お金を借りることが出来ますが、キャッシングの場合はクレジットカードの限度額まで借りることは出来ず、あらかじめ決められているキャッシング枠内での利用となります。

 

 

しかもクレジットカードのためショッピング枠が優先的に利用されることになるので、1円もキャッシングの利用をしていない状態であったとしても、買い物などで限度枠を使っていた場合は残りの限度枠内でのキャッシング利用しか出来なくなります。

 

 

 

この点はキャッシングがクレジットカードのサービスの一部であるがゆえの制限であり、カードローンのように自由に限度枠いっぱいまでお金を借りることが出来ないという弱点でもあります。

 

 

それとカードローンの場合は日割り計算で利息が計算されるのに対し、キャッシングは月割計算で利息の計算が行われます。

 

 

そのため早く返せば利息を抑えることが出来るということはキャッシングでは出来ないことになりますし、基本的にキャッシングの場合は借りた翌月に一括で返済を行うことが決められているので、カードローンのような一定額だけ返済すれば良いという使い方は出来ません。

 

 

 

それとすでに消費者金融のカードローンを利用している場合には、貸金業法の総量規制がクレジットカードのキャッシング枠にも影響を及ぼすこともありますので、その点にも注意しなければいけません。

 

 

すでに総量規制で規制となる年収の三分の一まで借りていた場合にはキャッシングの利用が制限されることもありますし、逆にキャッシング枠を持っていることがカードローンの審査に影響を及ぼすこともあります。

 

 

キャッシング枠に関しては使用していなくても限度額の金額が審査に影響する為、複数枚のクレジットカードを所有している人は特に注意しましょう。

 

 

■正しい使い方以外でのお金の借り方はNG

カードローンとキャッシングの違いを理解した上でお金をどちらで借りるかを選択するのは問題の無い行為と言えます。

 

 

しかし近年利用者が増加しているのがクレジットカードの現金化という方法です。

 

 

これは本来お金にすることが出来ないショッピング枠を利用してその枠を現金に替える方法ととして人気となっています。

 

 

 

方法としては現金化業者を利用する、ギフト券などをクレジットカードで購入して売却する、ブランド品などを購入しそれを売ることで売却益を得るといった方法があり、クレジットカードを所有している場合であれば、誰でも行えるため安易に使用する人が増えています。

 

 

 

しかしこのクレジットカードの現金化は本来の正しい使い方ではなくカード会社が禁止事項にしているカード規約に反する方法です。

 

 

現在クレジットカード現金化に関する法律上での罰則は有りませんが、カード会社にばれた場合にはカード利用停止に追い込まれ二度とクレジットカードを利用できなくなる恐れもあります。

 

 

 

そのため簡単に現金が手に入るからと安易に利用することは危険な行為だと言えます。

 

 

お金を用意したい場合はやはりカードローンに申し込み審査を経て利用する、クレジットカードに備わっているキャッシングサービスを無理の無いよう利用するといった正しい使い方が基本となりますので、

 

 

 

横道に逸れるような違法な使い方は避けるようにしましょう。