カードローンにせよキャッシングにせよ手軽に利用出来るサービスではありますが、あくまでも「入会出来れば」の話です。

 

審査に通過し、晴れてサービスに入会することが出来ればATMで簡単に現金を借りられるのですが、審査に通過しなければ残念ながらキャッシングにせよカードローンにせよ利用出来ません。

 

 
一般的に審査の厳しさは金利に比例しています。金利が低い所は審査も厳しく、金利が高い所は審査が比較的甘いと言われていますが、そもそも「審査」とは一体何を審査されるのか。

 
収入を審査されるのだろうとは何となく分かっているかもしれませんが、収入以外の部分も審査されています。

 

 

・端的に言えば「返せる能力があるのか」を審査されます

 

 
収入も大切ですが、分かりやすく言えば「返済能力があるのか」が審査されます。

 

 

 

キャッシングにせよカードローンにせよ、利用者にとっては「お金を借りる」でも金融機関にとっては「お金を貸す」です。

 

 

金融機関は貸したお金に金利分の利息を付けて返済してもらいますが、利益分が利益になります。ですが返済してもらえなければ丸々損失になってしまいますので、「お金を貸して返してくれるのか」が審査されます。

 

 
収入が一つの指標になるのも、ステータス云々ではなく、単純に収入が高い人の方が使えるお金が多いので返済に回せるお金が多いからです。

 

 
そのため、同じ収入でも賃貸か持ち家かによっても審査結果は異なります。

 

 

賃貸の場合、家賃を支払わなければなりませんが持ち家でローンが終わっている場合家賃負担がないので自由に使えるお金が多いので審査に通りやすいです。

 
また、既婚よりも独身実家暮しの方が審査結果は良いでしょう。既婚で子供も居る場合、自分で使えるお金は少ないですが、独身で実家であれば収入のすべてを自分の自由に使えます。

 

 

仕事が問われるのも「返せるのか」がポイント

 
職業も審査されます。そのため、「社会的ステータスまで問われるのか」と思うかもしれませんが厳密には違います。これも結局は「貸したお金を返せるのか」です。

 

 

公務員や大手企業の場合、倒産リスクが低いです。公務員であれば自ら辞めない限り定年まで収入が保証されていますし、大企業であれば倒産リスクが低いと考えられますのでこちらもまた、収入が安定するだろうと金融機関側は判断します。

 
一方でいくら高額であってもフリーランスや自営業の場合、収入に継続性・安定性がありません。

 

 

会社員の場合、給与という形で毎月定期的にお金が入りますがフリーランスや自営業の場合、前年は年収1,000万円だったけど今年は200万円もいかない…といった人もいるでしょう。

 
安定しないので、返済能力が未知数だと判断せざるを得ません。

 

 

そのため、フリーランスや自営業の場合、収入よりも厳しい審査が待っている一方、公務員や大企業は収入がそこまで高くはなくても安定性が担保になりますので、審査に通りやすいのです。

 

 

審査申込書に書くことは「全て」審査対象

 
カードローン、キャッシング共に審査申し込みには様々なことを記入しますが、これらはすべて審査対象と考えてよいでしょう。

 

 

 

家族構成や働いている会社の従業員数などあまり関係ないのではと思うかもしれませんが、家族構成によって自由に使えるお金も変わりますし、従業員の多い会社の方が倒産リスクが低いと考えられます。

 

 

他者からの借り入れのように審査に直接影響するであろう分かりやすい物もあれば、審査に関係あるのかと思うような項目もあるかもしれませんが、これらは基本的にすべて関係していると考えて良いでしょう。

 

 

・どのように審査されるのか

 
ではどのように審査されるのかというと、それぞれにスコアを付けてコンピューターで識別するケースが一般的になりつつあります。

 

 
かつてであれば会社の人間が審査申込書を見て判断していたのですが、近年は審査申込書をコンピューターが読み取り、それぞれをポイントにして審査基準に到達するか否かを識別するのです。

 

 
コンピューターが合格と判断したものを今度は改めて人間が判断するのですが、コンピューターには通過したものの人間が落とすケースはそうそうありません。

 

 
基本的にコンピューターが決めていると言っても過言ではありませんので、審査に落ちたからといって金融機関に電話して「お金がないので何とかお願いします」と陳情したところで結果は変わらないのです。

 

 

 

カードローンもキャッシングも時代の進化と共に様々な部分がシステマチックになっていますので、泣き落としや陳情が通用する時代ではなくなっています。