キャッシングはお金のない時、とても心強いサービスです。申し込みを行い審査に通過して入会すれば以降はATMで自分のお金を引き出すかのような感覚で利用出来ます。

 

この気軽さが人気の秘訣ではありますが、キャッシングはあくまでも「借りる」行為であっていずれは返済しなければなりません。

 

あまりにも簡単に利用出来るのでついつい自分のお金のように錯覚してしまう人も多いのですが、あくまでも借りたお金です。返済のことも考慮しておかなければならないのですが、返済の一つの指標が金利です。

 

金利によってどれくらいの利息が付くのかが決まるのですが、金利だけではなく最低支払金額も必ずチェックしておくべきです。
 
 
特にリボ払いでの利用を考えている人にとって、最低支払金額は大きな意味を持つ数字です。

 

 

最低支払金額とは?

 

最低支払金額とは返済額です。一括払いであれば借りた分を返すだけですが、リボ払いの場合、10万円までなら○千円といったように区切りが設けられています。

 
この数字はキャッシングを提供している金融機関によって異なります。

 

 

また、最低支払金額が少ない方が月々の負担が少ないのでありがたいと思うかもしれませんが、一概にありがたいとは言い切れないのです。

 
なぜなら、最低支払金額が少ないと元本への返済分が少なくなります。

 

 

例えば金利18.00%で10万円を借りたとします。最低支払額が2,000円の所であれば確かに月々2,000円の返済で良いので負担は少ないでしょう。ですが内訳を見てみると、半額以上利息の返済に回っているのです。

 
利息はどれくらいかかってもよいので月々の返済額を抑えたい人にとっては良いかもしれませんが、これらを加味すると10万円借りた際の返済総額はおよそ20万円になります。

 
キャッシングの際、どうしても早急にお金が必要なのであまり深く考えずにキャッシングを行う人もいれば、とにかく月々の負担を減らしたいという人もいるでしょう。

 

 
月々の返済額が少ない点をアピールしている金融機関もありますが、「最低支払金額が少ない=長期間になる=利息分が多くなる」という図式となっていますので、最低支払金額も必ずチェックしておきましょう。

 

 

最低支払金額と支払方法

 
では最低支払金額が少ない駄目なのかというと、これもまた一概には言い切れないのです。

 

 
例えば返済方法が口座からの引き落としの場合、先の条件を当てはめれば毎月2,000円口座から引き落とされていきます。正直な所、ゴールはなかなか見えないでしょう。

 

 
ですが持ち込みでの返済が可能な金融機関であれば、余裕のある月は多く支払えます。最低支払額が2,000円でも余裕があるので6,000円返済するとします。

 

 

すると、2,000円以上の部分。つまり多く支払った4,000円は元本に充当されますので、利息分も減ります。

 
最低支払金額は少ない方が負担になりませんが利息が増えます。逆に最低支払金額が高ければ支払回数や利息は少なくなるものの、月々の負担が増えます。

 

 
結論として、持ち込みでの返済が可能で、更には多めの返済が出来る所であれば最低支払金額が少ないので精神的には楽でしょう。
 
あくまでも2,000円が最低ラインではあるものの、なるべく常に多めに支払うことで利息分を増やさない。

 

 

余裕のない時は最低支払額しか払えないものの、余裕のある時は多めに支払う。これは賢い方法です。

 

金利も大切ですが…

 
金利も大切な指標です。利息がどれくらい付くのかが変わるので金利は低い方が良いのですが、一方ではキャッシングに関しては余程の上級カードではない限り、大抵は18%前後からのスタートです。

 
取引実績が豊富であれば金利も下げてくれるかもしれません。ゴールドカードのキャッシング枠であれば金利も驚く程低いでしょう。
 
ですが一般的なキャッシングの金利は大抵15.0%~18.0%ですので、決して大きな差ではありません。

 

 
10万円を1年間借りた場合、3%はおよそ3,000円です。月々の支払額に換算すればおよそ250円です。
 
 
これが利息に充当されるか否かの違いですが、最低支払額が1,000円違うだけで利息への充当分は金利にすればおよそ10%程度異なる計算になります。

 
分かりやすい指標ですので金利は誰もが目に入るものですが、月々の返済額に関してはそこまで意識していない人が多いです。
 
むしろ自分自身の負担として考える人の方が多いでしょう。

 
ですが金利よりも利息額を左右する部分になりますので、最低支払額がいくらなのかだけではなく、どのような返済方法があるのか。

 
口座引き落としだけでは長期戦になりますが、他にも返済方法が用意されているのであれば自分次第では速く完済出来ますので、返済額と支払方法の双方をチェックしておきましょう。