キャッシングは現金を気軽に借りれるとても貴重なサービスです。返済方法さえ間違えなければ実用性も高いですし、提携ATMが増えているおかげで簡単に利用出来るようになりました。

 
一方でキャッシングは様々な業者が提供しています。現金を借りるという点に於いてはどこで借りても同じですが、それぞれのサービスには違いがあります。

 
これからキャッシングをと考えている人は、どこでキャッシングすべきなのか分からない部分もあるかと思いますので、それぞれの業者の特徴をまとめてみました。

 

 

銀行系でのキャッシング

 
近年は銀行のキャッシュカードにまでキャッシング機能が搭載されているものもありますし、銀行が独自にカードローンを提供しているケースもありますので、銀行にてキャッシングのお世話になっている人も増えています。

 

 

銀行でのキャッシングの魅力はまずは金利の低さです。消費者金融や信販会社と比べると金利が低いので利息が少なくなります。

 

 

また、総量規制の対象外になりますので総量規制でキャッシングが出来ない状態の人であってもいわば「別枠」になりますので活用出来ます。これは銀行でのキャッシングだけのメリットです。

 
一方デメリットは審査の厳しさです。キャッシュカードにキャッシング機能が付帯されている場合でも、別途申し込みが必要で審査に通過しなければキャッシュカードとしてしか利用出来ない物もあります。

 

 

銀行は信用が大切ですので信販会社や消費者金融であれば問題ない経済力でも銀行では審査に通らないケースは珍しくはありません。

 

 

利用出来る状況であればメリットも多数あるのですが、そもそも利用出来るのかという問題が生じます。

 

逆に言えば、審査が厳しいからこそ金利も低いのです。銀行の審査に通過する自信がある人は申し込んでみると良いでしょう。

 

 

信販会社でのキャッシング

 
信販会社が発行しているクレジットカードにもキャッシング機能が搭載されているものが多いです。

 

 

信販会社でのキャッシングの利点はポイントプログラムを十分に活用出来る点です。

 

 

近年、クレジットカードは現金の代わりに活用するための物ではなく、ポイントプログラムのためのアイテムとなっています。

 

 

ポイントを上手く貯めて他のサービスを利用することが主体となっているのです。

 

 

一度として空港に乗ったことがないものの、クレジットカードの利用だけで上手くポイントを集めて海外旅行分のポイントを貯め込む、「陸マイラー」と呼ばれる存在も居るほどですが、キャッシングでもポイントが適用してくれるのです。

 

 
そのため、ただお金を借りるだけではなく、借りてポントまで貯めることが出来るのです。これは信販会社ならではな強みです。

 

 

リボ払いの場合はポイントを倍増にしてくれるケースもありますが、リボ払いの返済額を限度額に設定することで、形式的にはリボ払いなものの実質的には一括払いになり、ポイントを効果的に貯めている人もいるようです。

 

 

このように、ポイントプログラムで多種多様な工夫が凝らせますので信販会社でのキャッシングを活用している人も多いです。

 
デメリットとしては総量規制の対象な点と、同じクレジットカードでもキャッシング枠とショッピング枠は別枠になりますので、両方を利用すると返済額が高額になってしまう点です。

 

消費者金融でのキャッシング
消費者金融でのキャッシングの利点は何よりも審査の甘さです。上記の信販会社や銀行とは比べると審査基準は甘いです。

 

銀行や信販会社の審査に自信がない人でも消費者金融であれば審査に通過出来る可能性があります。

 

利用するに当たっての敷居の低さはメリットでしょう。

 

 
デメリットとしては金利の高さです。一般的に銀行や信販会社のキャッシング金利よりも高めに設定されていますのでどうしても利息は高めになります。

 

 

 

また、キャッシング以外のサービスがありません。信販会社は当然として、近年は銀行のキャッシュカードにもクレジットカード機能が搭載されているものもありますので、いざという時の買い物に使用出来ますし、

 

 

信販会社のクレジットカードであればポイントプログラムを活用し、お金を借りる以外のサービスも楽しめるのですが消費者金融の場合、お金を借りるのみであって他のサービスは付随されていません。

 

 

これはデメリットというよりも、他が充実しているために消費者金融のキャッシングが少々寂しいものに感じてしまう部分でしょう。

 

 

このように、それぞれ様々な特徴があります。審査に通るのかという現実的な問題もありますが、様々なサービスもありますので自分のライフスタイル等を加味してどこからキャッシングするのかを選ぶのも良いでしょう。