5ドル君5ドル君

キャッシングって審査が厳しくなっているって聞いたんだけど本当のところはどうなんだろうか?

 

10ドル君10ドル君

昔に比べると消費者金融、銀行も金利が下がっている分、お金を貸してくれるイメージもあるけど、実際のところはどうなっているんだろうね。


 
ガネーシャンガネーシャン

キャッシングの審査ポイントは、安定的な収入源が確保されているか、今までブラック登録されているかどうか、実際のところ債務整理者が出ないような取り組みがされていますよ。

この記事ではキャッシングの気になる審査ポイントに関してまとめてみました。


 
「必要な時にお金がない!」という状況に陥った人は、決して少なくないはずです。

 

 

そんな時、友人や家族から借りるのもなんだか気が引きますよね。そこで有効活用したいのが、消費者金融からのキャッシングです。
 

世間では、怖い・危険・謎、というイメージが付きまとっているキャッシングですが、賢く利用すれば、私たちの生活をより便利にしてくれるものでもあります。
 
 
ということで、ここでは、皆さんがキャッシングを賢く利用することができるように、必要な基礎知識とポイントをご紹介します。

 

■キャッシングを利用できる人

 

「私主婦だからお金借りられないんじゃないの?」「学生は収入が少ないから借りられないって聞いた…」消費者金融のキャッシングに対してこんな認識を持っている人はたくさんいると思います。

 

 

ですが、これは間違いです。無職・無収入でさえなければ、パートであってもアルバイトであってもお金を借りることはできるのです。

 

また、いくつかの条件をクリアする必要がありますが、“配偶者貸付”という制度を利用することで、無職・無収入の主婦であってもキャッシングを利用できる可能性があります。

 

 

もちろん、フリーターや一般的なサラリーマンでも利用できるということは、言うまでもありませんね。
 
どんな立場の人であっても、“審査”に通らなければ利用はできません。これは、収入が月10万円の主婦でも、月500万円の社長でも同じです。
 
 
では次に、キャッシングにおける審査の内容と基準について説明します。

 

■“キャッシング審査”では何が見られるの?

 

審査において基準となるのは、主に次の項目です。

 

・収入
 
・職業
 
・職位
 
・家族構成
 
・過去のキャッシング歴

 

お分かりになると思いますが、収入が高ければ高いほど、また職業が安定していればしているほど、審査においては有利に働きます。

 

これは同時に、キャッシングの限度額や金利についても有利になるということです。

 

中でも、職業としては、やはり社会的信用のある“公務員”が高く評価されているようです。
 
 
ここで勘違いしてはいけないのが、あくまで「評価が高い」ということであって、「絶対借りることができる」というわけではない点です。そう主張する理由が、基準の1つ“過去のキャッシング歴”にあります。

 

どうして過去のキャッシング歴が基準の1つとなるのかを、見ていきましょう。

 

 

■キャッシング歴が審査の基準となる理由

 

 

例えば、あなたが友人にお金を貸したとします。しかし、約束の返済日を過ぎても一向に返してくれません。散々催促しても、「今ないから今度!」の一点張り。

 

結局うやむやになり、返してはもらえませんでした。こうなると、その友人に対しての信頼はもはや無くなってしまいますよね。
 
審査でキャッシング歴を見られるのは、これと同じ理由です。

 

つまり、審査では“この人は過去にキャッシングを利用したことがあるか。そして、しっかり期日までに完済したか”をチェックされているのです。

 

もし過去に一度でも返済が滞った実績があれば、たとえ公務員であろうが年収一千万円以上の人であろうが、審査においては大きくマイナスに影響することになります。

 
返済滞納の情報は、“信用情報機関”という機関に保管されており、銀行や消費者金融など各金融機関が共有して確認することができます。

 

 

これは、消費者金融で滞納履歴があれば、銀行における審査でもマイナスに影響してしまうということです。信用情報機関はブラックリストとも呼ばれていますが、ただの俗称であり、正式名称ではないということも知っておきましょう。

 

 

■賢く利用するために最も重要なポイント

 

 

キャッシングを賢く利用するための最低限の知識はお分かりいただけたかと思います。これらのポイントに加えて、重要なのが、“返済計画をしっかりと立てること”です。

 

 

「なんだそんなことか。」と感じた方もいるでしょうが、これをおろそかにすると、思わぬ支出が生じたときに返済が滞ったり、返済が追い付かず、さらに借金をつくったりしてしまうことになります。

 
返済計画を上手く立てるには、借りる際の“金利”と“自分の収入”を明確に把握しておくことです。

 

 

自分の収入から、金利を含めた月々の返済額を正確に計算し、余裕を持った返済計画を立てることが、キャッシングを賢く利用するために必要な何よりのポイントなのです。

 

■最後に…

 

 

いかがでしたでしょうか。これらの知識・ポイントを活用されて、皆さんが安心・安全にキャッシングが利用できることを願っています。