キャッシングとは、直接現金を借りるローン契約のことです。
 
ローンというと、何か商品を購入してその支払いを分割で行うことを思い浮かべるかも知れませんが、キャッシングも一緒で、その商品が現金になっただけです。

 

一言にこのキャッシングと言っても、実は色々な種類があります。ここではその種類別の特徴を紹介していきます。

 

カードローンによるキャッシング

 

最近ではテレビでもよく各社のCMが流れているように、キャッシングといえばこのカードローンが一番に上がります。
カードローンの名前の通り、契約後に発行されるキャッシング用のカードを利用して、その会社や提携先のATMから現金を借りることができます。

 

カードローンの大きな特徴として、限度額制だという点が挙げられます。この限度額とは、その金額まで現金を借りることができる上限額で、例えばこれが30万円の契約の場合、最初は5万円、更に10万円という感じで30万円に達するまで何度でも借り入れを繰り返すことができます。

 

 

返済は原則的に毎月一度で、借り入れ金額によって変わる返済額を支払っていきます。

 

この返済日以外にも任意での返済が可能で、その返済額は借り入れを行っている元金から差し引かれます。

 
利用中に余裕ができた時に、この任意での返済で大きく支払ってしまうと、残りの返済回数が少なくなったり、今後の毎月の返済額が減ることになるので、これを行って損は一切ありません。

 

 

カードローンはこのように、限度額の範囲でいわば自由に借り入れや任意での返済が行えるシステムになっています。

 
限度額は申し込み時に希望した金額を元に決まりますが、審査によって設定されるので、必ずしも希望通りにはなりません。50万円を希望した場合でも、審査の結果によっては30万円になってしまうこともあります。

 

また、カードローンとは言いますが、必ずしもカードを利用するとは限らず、契約後は銀行の口座まで借り入れを受けられる場合もあります。

 

クレジットカードを利用したキャッシング

 

クレジットカードを利用するキャッシングは、同じくカードを利用するカードローンと似ていますが、色々な部分が異なります。

 

 

まず、そのクレジットカードにキャッシング枠というものがないと利用することができません。

 

このキャッシング枠は特に希望しなかった場合を除き、20歳以上の契約者であれば、通常は付いているものです。

 

 

クレジットカードにはショッピング枠と呼ばれる総枠があり、その一部がこのキャッシング枠です。よって、ショッピング枠が50万円で、そのうちキャッシング枠が20万円という具合になりますが、キャッシング枠はそれ自体が独立している訳ではなく、ショッピングでその分まで利用することができます。

 
つまり、上の例では50万円の総枠全てをショッピングで利用することが可能で、その総枠が空いていれば、20万円まではキャッシングに利用できるという訳です。

 

 

クレジットカードでキャッシングを行うには、カードローンと同様に、その会社のATM、もしくは提携先のATMを利用します。ここで借り入れを行った金額の返済は、1回払い、もしくはリボルビング払いのみになります。

 

ショッピングで利用した場合とは違い、2回払いや5回払いなどの回数指定はできません。

 

 

このキャッシングの利用では、ショッピングの場合とは違い、1回払いにした場合でも必ず金利が発生します。掛かる金利は、借り入れを行った日からクレジットカードの引き落とし日までの日割り計算になります。

 
リボルビング払いを選択した場合、支払いに関してはショッピングで利用した場合と同様になり、毎月決まった金額のみの支払いを繰り返していきます。

 

ショッピングのリボルビング払いでは残りの借り入れ残高に対する金利は年利15%前後ですが、キャッシングでは18%のことがほとんどです。

 

 

カードローンとは違い、新たに申し込みを行うような必要もなく、手持ちのクレジットカードがそのまま利用できるので、いざとなった時には便利なキャッシング方法だと言っていいでしょう。

 

カードローンではないキャッシングローン

 

これは、カードローンのような限度額制ではなく、一気に借り入れを行ってしまうキャッシング契約のことです。
例えば100万円が必要な場合には、そのまま100万円の借り入れを行います。そして、その後はローンで返済を行っていくことになります。

 

大手の消費者金融や銀行ではなく、中小の業者を利用した場合にこのようなキャッシングローンになることが多いです。

 

要はカードローンで最初に設定された限度額ギリギリまで借りた場合と同じなので、返済は原則的に毎月一度、最初に決定した金額の支払いを行っています。

 

 

このような契約でも返済の途中で追加の借り入れが行える場合があり、その金額によって返済額や残りの返済回数が変化します。これはカードローンで追加での借り入れを行った場合と同様だと考えてください。

 

カードローンのようにATMから気軽に何度も借り入れを行う訳にはいかないので、利便性という面では劣りますが、このキャッシングローンの方が比較的大きな金額を借りられることも多いです。

 

自分に合ったキャッシングを利用しましょう

 

キャッシングには大きく分けて、この3種類があります。

 
クレジットカードを利用するキャッシングは、既にクレジットカードを持っている場合にはそれがそのまま利用できるので、一番便利な方法だと言えます。

 

カードローンやキャッシングローンに申し込みを行う場合は、自分に合った契約をすることが大切です。

 
契約後に少額の借り入れを頻繁に行うことが多いと思われる場合にはカードローンが最適ですが、今すぐに大きな金額が必要な場合はキャッシングローンの方が向いています。

 

また、カードローンでは利用できるATMが身近にあるかどうかも選択する際に重要になります。

 

例えばコンビニのATMが利用できる場合でも、そのカードローンでは利用できないコンビニもあるので、そういった点も最初に調べておきましょう。

 

キャッシングを行うと、そのお金には金利が掛かります。

 

この金利は借り入れ残高に応じてその額が変わるので、本当に必要な分だけを借りることが大切になります。

 

 

つい余計な分まで借りてしまうと、その分の金利まで支払うことになってしまうので注意てください。