即日融資と言えば大手消費者金融、というイメージが強いと思いますが、銀行のカードローンでも即日融資を行っている銀行があります。

 
特に大手の都市銀行のカードローンでは、その銀行に口座を持っていなくても即日融資を受けられます。

 

 

では、すぐにお金が必要な場合にはどちらが向いているのでしょうか?

 

 

即日融資に向いている申し込み方法と、その方法での比較

 

 

大手消費者金融、大手の都市銀行共に、インターネットによる申し込みが可能です。

 
この他にも直接店頭から申し込む方法や、自動契約機を利用する方法、郵送や電話で行う方法もありますが、最近ではインターネットからの申し込みが一番多くなっています。

 

 

即日融資を受けるには、ともかくすぐに申し込みを行うことが大切です。

 

インターネットからであれば、パソコンだけでなく、スマホや携帯電話さえあればどこからでも申し込みが行えます。

 

 

すぐ近くに直接申し込みを行える店舗や、自動契約機がある場合はそちらから申し込んでも構いませんが、審査が行われている間、その場所で待っている必要があります。

 

その点、インターネットから申し込んだ場合は審査結果はメールで知らせてくれるので、その間の時間を自由に使うことができます。

 

 

何より申し込みを行う場所を選ばないので、移動中の電車の中からでも行えます。よって、このインターネットからの申し込みが一番即日融資には適していると言えるでしょう。

 

 

このインターネットによる申し込みの場合、銀行振込とその後に自動契約機(銀行ではローン契約機)を利用する方法がありますが、ここで大手消費者金融と大手の都市銀行では差が出てきます。

 

 

○銀行振込の場合

 

 

銀行振込で即日融資を受けるには、銀行のカードローンの場合は原則的にその銀行に口座を所持していて、平日の営業時間中に審査が終わる必要がありますが、消費者金融の場合は特定の銀行に口座を持っていれば、24時間いつでも振り込みでの借り入れが可能なことがあります。

 

 

○自動契約機を利用する場合

 

 

都市部における自動契約機やローン契約機の設置台数はそれほど変わるものではありませんが、それ以外の地域における設置数は大手消費者金融の方が多くなっています。

 

 

営業時間も大手消費者金融の自動契約機の方が長いことが多く、この場合でも銀行より消費者金融の方が上だと言えるでしょう。

 
これは、直接自動契約機やローン契約機から申し込みを行う場合でも同様だと言えます。
 

■受付時間や審査による比較

 

消費者金融には元々平日や休日といった概念自体がありません。日曜日や祝日でも、平日と同様の営業を行っています。この点では銀行よりアドバンテージが大きいと言えます。

 

 

大手の都市銀行のカードローンの場合も、ローン契約機を利用すると日曜日や祝日でも申し込みが行えますが、受付時間が平日より短いことが多く、審査を行っている時間も平日と比べて短くなっているので、休日に即日融資を受けたい場合には向いているとは言えません。

 

 

審査に掛かる時間は大手消費者金融、大手の都市銀行ともそう変わるものではありませんが、その通過率が大きく違う点に注目です。

 
実際に業界の専門誌に掲載されたデータによると、消費者金融の平均的な審査の通過率は40~45%程度なのに対して、銀行のカードローンではその半分程度です。

 

 

審査に合格しないことには即日融資どころではありません。両者ではこれだけ審査の通過率が違うので、急ぎでお金が必要な場合には、通過率の高い消費者金融を利用した方がいいということになるかも知れません。

 

 

■融資金額による比較

 

 

数万円程度の場合はどちらを利用して変わるものではないと言えますが、比較的高額の融資を希望する場合、どちらとも言えなくなってしまいます。

 

 

その理由として、消費者金融には総量規制が適用されるので、年収の1/3を超える借り入れは行えません。銀行にはこれは適用されないので、比較的高額の借り入れを行うことも可能です。

 

 

ですが、希望金額が多くなるほど審査は厳しくなります。それを考えると、元々消費者金融より審査の厳しい銀行で総量規制を超えるような高額を希望して、その通りの融資が受けられる可能性はそう高くはないでしょう。

 

 

すぐにそれほどの大金が必要な場合は銀行しかないということになりますが、総量規制の範囲内であれば、消費者金融の方が融資を受けやすいのは間違いありません。

 
総量規制を超える借り入れとなると、何百万円いう単位になると思います。この単位の金額となると、審査に数日掛かることも珍しくありません。つまり、そのような大金の即日融資自体が現実的ではないということです。

 

 

このような点から、融資金額による両者の差はあまり考えなくていいと言えるでしょう。

 

■やはり消費者金融の方に軍配が上がります

 

 

最近の大手の都市銀行のカードローンはこの即日融資の面も含め、大手消費者金融に劣らないサービスを色々と打ち出していますが、それでもあと一歩敵わないという印象があります。

 

 

ここまでに挙げてきたような理由から、即日融資の面でも、やはり貸金業務だけに特化している大手消費者金融の方が上だと言わざるを得ないでしょう。

 

 

銀行のカードローンの方が金利が低いという面もありますが、ともかく借りられることを優先に考える場合は消費者金融の方が向いていると言っていいでしょう。