めでたく子供が大学に合格した際、次に問題になってくるのが学費です。

 
小中高と言った、今までのような額では済ます事ができない大学の学費です。
 

その為、何らかの形で借りて学費を支払う人も少なくありません。
 
 
その学費を借りる方法としては、主に奨学金と教育ローンと言うものがあります。
 
実際、利用する際は、これら2つの違いを理解し、借りる必要があります。
 

・奨学金について

 
奨学金の借主は、実際、奨学金を利用し、大学に通う学生本人になります。
 
また、奨学金は、数多くの団体などが取り組んでいる支援となっており、利用する際は、どこを利用するのかと言う事を決める事も必要です。
 
また、そんな、奨学金には、給付型と貸与型の2つのパターンがあり、自分がどちらを利用する事になるのかと言う事も事前に確認しておく必要があります。
 
 

給付型の場合、その名の通り、返済不要で受け取る事ができる奨学金です。
 
 
ただし、この給付型を利用する事は、非常に難しく、家庭の収入や学生の学力などによって、審査が行われる事になします。
 
一方、貸与型の中にも、2つのパターンに分かれ、利息なしの第一種奨学金と利息ありの第二種奨学金となります。
 
この場合も、利息なしの第一種奨学金を利用する場合は、様々な条件をクリアする必要があります。
 
反対に第二種奨学金の場合、基本的に誰でも利用が可能になっています。
 
 
月々の額は、第一種奨学金の場合、国公立と私立、自宅通学か自宅外通学かによって、貸与額が決められています。
 
一方、第二種奨学金の場合、国公立や私立、又は、自宅通学、自宅外通学に関わらず、自分が必要な額だけ、段階的に借りる事が可能になっています。

 

・教育ローンについて

 
教育ローンの申請者は、基本、保護者となっています。
 
その為、保証人を立てる場合は、別世帯の連帯保証人が必要になってきます。
 
また、ローンと言う事で、借りる際は、基本、一括いくらと言った形でまとめて借りる事が可能となっており、奨学金のように毎月、定額を借り、大学に通うと言うものではありません。
 
 
借り方としては、民間の銀行などの金融機関の他、国が行っている教育ローンも利用が可能です。
 
 

ただし、国が行っている教育ローンの場合、どうしても、所得が低い人や母子家庭などの為に行われているものとなっており、それらの家庭に優遇される内容になっています。
 
 
一方、銀行などの教育ローンの場合、誰でも、審査をクリアする事で、利用する事が可能になっているものです。
 
その為、成績や所得など関係なく利用する事ができ、申し込み上限も国の教育ローンに比べ、高く設定されている銀行が多くなっています。
 
その他、国の教育ローンに比べ、銀行の教育ローンの方が審査までの時間も短いと言われており、急に学費が必要になったような人には、お勧めの教育ローンになっています。
 
 
ただし、利息に関しては、やはり、国の教育ローンの方が低めと言う事が言え、その点も考慮し、自分にあった教育ローンを選ぶ事が大切です。
 

 

・奨学金と教育ローンを比較した場合

 
奨学金と教育ローンを比較した場合、まず、申請者は学生本人と保護者と言った違いが生じてきます。
 

 

その為、返済する義務も学生と保護者と言う事になり、卒業後に始まる返済生活に大きな違いが出てくると言えます。
 
 
また、奨学金の場合、実際、大学に入学してからの学費への支援となっています。
 
その為、大学に入学する前に必要な入学金などには対応する事ができなくなっています。
 
大学入学までには、各大学の受験費用もバカになりません。
 
また、合格発表の順番で考えた場合、抑えの学校にも入学金を支払っておく必要も出てくる人も少なくありません。
 
そのような事が積み重なり、予算以上に必要になってしまう受験費用。
 
その為、いざ、本命の大学への入学金の準備が難しいとなった場合、教育ローンの利用が必要になってきます。
 

 
・まとめ
以上が奨学金と教育ローンの違いになります。
 
もちろん、両者を一緒に利用する事は可能です。
 
その為、入学金の準備だけ教育ローンを利用し、入学後の授業料の支払は、奨学金を利用すると言う事も可能です。
 
 
どちらにせよ、給与型ではない限り、大学卒業後には、多額の返済が待っていると言う事を忘れてはいけません。
 
特に奨学金の場合は、卒業後すぐに数百万円の借金を背負うと言う事になるのです。
 
その為、その事を十分に理解し、その上で、必要な額だけ利用すると言った方法を選択する事をお勧めします。