子供が高校までを無事に終え、これからの進学について悩んでいるというご家族の方は多いと思います。

 

今回は大学進学に的を絞り、国立大学、公立大学、私立大学を1つ1つ目見ていき、どの選択が学費の面で良いのかを様々な角度から見ていきます。

 

地域密着型!公立大学は地元の見方!

 

よく国公立大学と1つに括ってしまいがちですが公立大学はその地域に住む方にとても優遇してくれています。

 

その地域に住む者で考えた場合に大体、国公立大学の入学金が28万ほどなのに対し、公立大学は20万ほどに抑えることができます。逆に県外の公立大学へ行く場合は35万ほどとなり高値になります。

 

公立大学は基本的に1等身の家族が1年以内にその地域の住民になった際に入学金が安く優遇されます。

 

ですので逆に言えば国立大学はその地域の住人かというのは関係ないので県外から国公立大学を受けようと考えているのであれば国立大学へ行った方が安く入学金を済ませることができます。

 

入学金で20万で入れる人もいれば35万かかる人もいるのでその差は15万円です。

 

そう考えると絶対にこの大学に入りたいというのがないのであれば入学金を見て決めるというのも賢い選択ですね!

 

私立大学でかかる金額

 
国公立大学の1年間の授業料はだいたい53万円前後になっています。
 
 
私立大学の場合は授業料だけで80万くらいする上に施設設備や教育充実量といった項目で10万円〜30万円くらい上乗せされています。

 

トータルで見てみると、国公立大学では53万円ほどなのに対し、私立大学は文系で125万円、理系では160万円ほどかかります。

 

国公立大学と私立大学では3倍近く違ってくる場合もあります。特に私立大学は施設設備代金がある故に高くつくと頭に入れておくと良いかと思います。

 

●地元の私立大学へ行くのと県外の国公立大学に行くのとではどちらが安く済む?

 

例えば地元の文系大学に進んだとすると前述しましたように1年間に125万円かかるということになります。しかし県外へ行くと、家賃や光熱費、食費もろもろ負担がかかってきます。

 

大学の1年間の生活費の平均が130万円くらいになる。ざっと見てみると、家賃が5万円、食費が3万円、交際費1万円、光熱費1万円、携帯代1万円といったところです。

 

そうすると国公立大学の年間支出が入学金が国立大学で28万円とした場合に授業料が53万円と、生活費130万円を足すと211万円となり地元の私立大学へ行くよりも2倍近く高くついてしまいます。

 

お金のことを考えると地元の大学へ行って欲しいという親の願いがここに込められていることが分かります。

 

奨学金を上手く使うポイント

 

奨学金は大学生達の間で使われている人も多いです。全国大学生活協同組合連合会によるアンケートによると自宅生で28%、1人暮らしの人で39%がもらっているそうです。

 

奨学金は3万、5万、8万、10万、12万から選択することができます。

 

だいたい自宅生で3万円、1人暮らしの人で5万円が平均的に頼まれています。

 

ですが一部の人を除いて奨学金には返済時に利子がつくことになります。
利子は3%を超えないようにと定められています。利率はその年ごとによって変わってきます。

 

 

例えば、月に5万円を奨学金から借りた時の返済年数というのはどれくらい月に借りたかによって計算式で表すことができます。月に5万円の場合は15年で180回支払うということになります。

 

 

年利ですが0.5%の場合、利子が10万円、1%では利子が20万円です。奨学金の最高年利は3%で、利子にすると60万円ほどにもなります。

 

 

2016年の奨学金の年利は0.1%と、過去9年間を見てみても最も低いので今後は利子で苦しむといったことも少ないのかなと感じていますが、5年前などは1%の時代でした。

 

その年々によって違うので難しいところですが奨学金は早く返すに越したことはないです。

 
奨学金を5万円借りながらもご両親は奨学金を返済するための貯金を始めます。大学費用が前述で述べましたように100万円近くもしてしまうところもありますが月に1万円ずつ貯めるだけでも4年間で48万円貯めることもできます。

 

この時点で利子を超えていますね?
できれば一括で返せたら理想ですが、なかなか厳しい方も多いかと思います。

 

例えば、5万円借りる場合の支払い回数は180回ですが、30回目までは普通に払ったとします。

 
31回目〜45回目までを繰上げ返済すると、0.1%の利率だったら5,000円ですが1%だったら5万円、3%だったら15万円の利息を軽減させることができます。

 

奨学金は延滞してしまった場合に5%さらに上乗せになってしまうので払えるうちに利子を軽減させながら払うことが大切です。

 

●まとめ
大学生の子供を持つ家族にとって大学生活のお金というものは莫大にかかります。

 

どこで抑えるか、奨学金の借りる額や返済の計画まで立てながら長い目で考える必要があります。