すぐにお金が必要になってしまった場合、キャッシングは強い味方です。
 
ですが、キャッシングはカードローンとは違うのかと疑問に思ったことがある人もいるでしょう。
 

ここではキャッシングやカードローンという言葉について、そして、早く借り入れが行える方法や、その際の注意点についても説明していきます。

 

キャッシングとは?

 

キャッシングとは、現金の借り入れを行うことを指す、比較的広義な意味で使われる言葉です。

 

 

カードローンによる借り入れも、このキャッシングと言って差し支えありません。その他の現金の借り入れ行為も基本的にはこのキャッシングになりますが、分割払いで返済を行う場合にはローンと表現することもあります。

 
ですが、単にローンと言うと、商品を購入した際の分割払いのことも含むので、現金の場合は「キャッシングローン」と呼ぶのが正しい表現になります。

 

 

よって、借り入れた現金を一括で返済する場合がこのキャッシングの本来の意味に一番近いと言うことができますが、実際には返済方法に関わらず、比較的小口の借り入れは全てキャッシングと表現しています。

 

 

つまり、キャッシングという言葉には特にこれといった決まりがある訳ではなく、カードローンのような比較的小口の借り入れに対して使う総称だと考えてください。

 

 

キャッシングの種類

 

カードローンによって借り入れを行った場合、それはキャッシングとなります。カードローン自体に「ローン」という言葉が付いていることもあり、より正確にキャッシングローンと呼ぶ必要はありません。

 

 

現在ではこのキャッシングは、カードローンによるものがほとんどですが、クレジットカードを利用したキャッシングも忘れてはいけません。

 

 

クレジットカードには総枠と呼ばれるそのカード自体の限度額があり、その中にキャッシングに利用できる枠が存在しています。

 

 

例えば総枠が50万円で、そのうちのキャッシング枠が20万円という感じになります。キャッシング枠は付いていない場合もありますが、特に自分から不要だと断っていない限り、まず付いているものです。

 
このキャッシング枠の分までは、現金の借り入れに利用することができます。ですが、キャッシング専用の枠ではないので、その分までショッピングで利用しても構いません。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングは、急ぎでお金が必要な場合にはとても役に立ちます。

 
コンビニなどのATMからカードローンのように現金を借り入れることが可能で、返済は1回払い、もしくはリボルビング払いのどちらかになります。キャッシングではショッピングとは違い、2回や3回といった支払い回数の指定はできません。

 

 

クレジットカードのキャッシングの注意点

 

 

クレジットカードでショッピングを行った場合、1回払いを選択すると手数料などは一切発生しませんが、キャッシングでは1回払いの場合でも必ず金利が発生します。

 

 

この金利は消費者金融と同等の水準で、キャッシング枠が100万円未満の場合、ほとんどのカードで年利18%になっています。

 
その為、消費者金融のカードローンを契約して借り入れを行うのとほとんど変わらないことになりますが、即日融資を行っているカードローンを利用する場合、どうしても申し込みの為の時間や審査の時間を合わせて、最短でも1時間程度は掛かります。

 

 

その点、クレジットカードであれば改めて申し込みを行う必要もなく、すぐにキャッシングが行えます。

 
クレジットカードを所持していて、そのカードのキャッシング枠がある場合、このクレジットカードによるキャッシングが一番早く借り入れが行えると言っていいでしょう。

 

 

リボ払いには注意してください

 

 

しかし、借りるまではいいですが、返済は一括払いかリボ払いかの選択になってしまいます。

 
リボ払いを選択すると、カードローンの返済に近いシステムで支払いを行っていくことができますが、毎月の支払い金額を低く設定している場合、完済までにかなりの金利を支払うことになります。

 

 

例として、20万円を毎月5,000円のリボ払いで返済していくとします。この場合、支払い回数は62回となり、合計して307,675円を支払うことになります。(元利定額式、年利18%で計算)

 
カードローンで同じ年利18%の金利で20万円を借り入れ、12回の返済にした場合、合計した返済金額は220,027円です。

 

 

このように、クレジットカードのキャッシングをリボ払いにすると、かなりの金利をとられてしまうことがあります。

 

 

このリボ払いか1回払いしか選択できないのが、クレジットカードを使ったキャッシングの最大の欠点です。

 

 

急いでいても返済のことまで考えましょう

 

 

どれだけすぐにお金が必要でも、返済のことまで考えて借り入れを行わないと、上のリボ払いの例のように、合計してかなりの金額を返済することになってしまうかも知れません。

 

 

カードローンの契約を行う場合も、毎月の返済金額や支払い回数、合計してどれくらいの金額を返済することになるのかを事前にシミュレートして、無理なく返済が行えるかどうかを調べてから契約を行った方がいいでしょう。

 

 

急ぎの場合にはそのようなことは考えている余裕はないかも知れませんが、借りたお金は必ず返済を行うことになります。

 
「返済シミュレーション」とネットで検索をすると、借り入れ金額や金利、支払い回数を入力するだけで、簡単にそれが分かるシミュレーターがいくつも出てきます。

 

こういったものを利用して、申し込みの前に返済について少しでも調べておいた方がいいと言えます。