金利のかからない借金を考える
 
どうしても直ぐにお金が必要なのだが、あいにく持ち合わせがない。このような状況になると考えるのが借金です。借金も1度や2度単発で借りる分には問題ないのですが、頻繁に借りるようになると様々な問題が発生します。
 
まず、借金をする場合に最初に考えなければならないのは、金利のかからないお金を借りるということです。

 

 

例えば、親から借金をするというケースです。金利というのは非常に怖いもので、このために多くの債務者が借金地獄に陥ることになるのです。

 

 

この点、親から借りた場合には、利息無しのあるとき払いということになるでしょうから、借金で苦労することはありません。

 

 

他にも、金利無しで借りるケースとしては、親しい友人や同僚でもよいでしょう。ただし、この場合には、1回のみとしてなるべく早く返済しましょう。
 
頻繁に借りたり、支払いをルーズにすると信頼を失うことになります。

 

 

借金で信頼を失い友人関係が壊れるというのは、古今東西よくあるお話なのです。

 

 

カードローンを利用する際のポイント

 
このように親や兄弟から借金できるケースはまだよいのですが、家族や友人をも頼れない場合には、銀行や消費者金融を利用するということになります。

 

銀行が、個人向けローンに本格参入してきたことで、カードローンやキャッシングサービスが且つてないくらいに便利な存在になっています。

 

 

インタ―ネットから申込めば、自宅に居ながらにして約1時間ほどで、申し込みから契約完了、そして指定銀行口座にお金を振り込んでもらうこともできるようになっているのです。

 

 

以前のように、後ろめたい気持ちを持ちながらサラ金の店頭に出かける必要もなく、誰とも対面せずに結構な金額のお金を借りることができるのです。

 

 

ここまでサービスの向上が図られていると、親から金利のないお金を借りるよりもカードローンやキャッシングサービスを申し込んだほうが良いという話になります。
ただし、この場合には、親からの借金などとは違い金利がかかりますので、いかに簡単に利用できるとはいえ、相応の覚悟をもって借金するということが必要となります。

 

 

最初から債務整理をしようという人はいないわけで、皆この第一歩からスタートしているのです。金利があるために借金は雪だるま方式で増えることになるのです。

 

 

従って、重要なポイントは、最短期間で返済してしまうこと、および、金利負担の小さい商品を選ぶということです。借金を完済できる人というのは、お金があるときにどんどん返済に回せる人です。

 

 

繰り上げ返済が有効なのは借入残高を減らすことで金利負担を小さくしていくからです。
これらの点からも、まず検討すべきは、銀行系の低金利のカードローンということになります。

 

 

低金利とは言っても、あくまで消費者金融のキャッシングと比較した場合ですから、通常は50万円借りたら14%前後の金利が適用されますので決して低い金利ではありません。

 

 

消費者金融の場合には、同じ50万円でも18%前後となりますので、これを借りるのは相当な覚悟が必要であるということです。

 

 

消費者金融の場合には、無利息サービスなども提供していますが、最初だけのものがほとんどですので、2回、3回と利用したらほとんど意味はなくなります。

 

いずれにせよ、金利負担というのを充分に考えたうえで、返済計画を作り最短期間で完済させることが必須条件となります。

 

 

カードローンやキャッシングが利用できないケース

カードローンやキャッシングを利用するためには、審査に通る必要があるのですが、一定期間内に債務整理をしていたり、個人信用情報に問題がある場合などには審査落ちすることになります。

 

 

こうなると、通常は、ここで借金することを断念することになります。

 

 

ここから先は非常に危険な行為になりますのでお勧めはしません。

 

 

しかし、闇金から借りたり、犯罪行為を犯すよりもましであるという意味で、クレジットカードの現金化という方法があります。

 

 

もちろんクレジットカードが利用できるという条件付きですが、ショッピング枠を利用して現金を手に入れることができます。
 
最も単純な方法としては、JRの自動券売機でクレジットカードを利用して新幹線の回数券を購入します。

 

 

そして、そのまま駅前にあるチケット買取屋さんにもっていくのです。

 

 

運転免許証などの本人確認書類を提示すれば高い換金率で買い取ってもらえます。

 

 

金利という面だけ考えれば、カードローンやキャッシングよりも有利になるケースがほとんどです。

 

 

ただし、クレジットカードの契約の際には、これらの行為は禁止事項とされていますので、発覚した場合にはそれ以降カードが利用できなくなります。

 

 

 

ここまでして借金する必要があるのかどうか、よくよく検討することが重要です。