一般的なサラリーマンや主婦、夫婦二人でも始められる投資があります。利益を得る事を目的にして、不動産に投資する「不動産投資」です。
 

例えばアパートやマンションなどの物件を購入します。購入した物件の価値が上がった時に売却をして、その差額で利益を得たり、または購入した物件の家賃収入が利益となるという仕組みの最近、話題の投資です。

 

不動産投資を始めるには

 
不動産投資に興味のある方は、最初にどれくらいの費用が、かかるんだろう?と考えると思います。

 

 
一般的な目安として、不動産投資の為のローンを組む場合、自己資金は物件価格の2割~3割と言われています。

 
勿論、初めの自己資金は多い方が良いですが、少ないからと言って不動産投資が出来ないという訳でもありません。

 
例えば、将来的には一棟分のマンションの家賃収入を得たいと考えているけれど、不動産投資を始める最初の自己資金が少ないとします。

 

このケースで不動案投資を始める方法として、最初に購入する物件をマンションの一室にします。

 
その時に選びたい物件は「区分マンション」です。

 
区分マンションとは一棟のマンションの各部屋で、それぞれ大家となるオーナーが違うマンションの事を言います。

 
マンション丸々、一棟を購入するよりも一室であれば最初の資金を抑える事が出来ますよね。

 
そして購入した、その一室の物件を半年後などに、転売をします。最初に購入した金額よりも高く転売する事に成功すれば、差額で利益を得る事が出来ます。

 

こうして利益を増やしていければ、どんどん資金も増やしていく事が出来ます。

 

不動産投資の種類

戸建て・アパート・新築マンション・中古マンション・ワンルームマンション・ファミリータイプなど、不動産投資には様々な種類があります。

 
アパートやマンションなどは一棟分の物件を購入して、家賃収入で利益を得る事ができます。家賃収入から購入時のローン返済も返していく事もできます。

 

 
一般的なアパートやマンション一棟分は、複数部屋があるので一室が空室になったとしても、他の部屋の家賃収入を得る事が出来る為、リスクを分散させる事も出来ます。

 
一棟分の購入ではなく、マンションの一室のみを購入の場合。入居者が転居してしまえば、その物件は空室になります。次の新しい入居者が決まるまでの期間は、家賃収入が0になり途絶えてしまいます。

 
こういった空室のリスクを回避する為に、備えておくと安心なのが「空室保証」です。

 

空室保証とは毎月固定の保証料(月額掛金)を支払う事で、賃貸経営で空室が発生した時に、空室の家賃を一定額保証してくれるサービスです。

 
不動産投資をしていく上で空室保証サービスを利用しておけば、安心できる上にリスクを減らす事が出来ます。

 
新築のマンションであれば人気も高い場合が多いので、入居者も決まりやすいでしょう。

 

 
ファミリータイプのマンションであれば子供のいる家庭も多く、学校などの関係もあって、すぐに引っ越しをする事も少なくなります。

 

そうすると長期的な入居が見込めるので、家賃収入も安定してきます。

 
物件を購入する時に大切なのは、物件そのものも勿論、大切ですが物件周辺の事も、把握しておく事も大切です。

 
首都圏内へのアクセスが良好かどうか、住みやすい環境か問う事で入居者の決まりやすさにも影響します。

 

●欠かせないメンテナンスやリフォームも頭に入れておこう

 
不動産投資によって購入した物件のローンが晴れて返済で来た時に、物件の老朽化が進んでいては建て替えが必要になってしまったりと、またローンが発生するという事にも、なりかねません。

 

 

そうならない為には、物件購入後には定期的なメンテナンスを行っていきましょう。

 
そして物件の、オーナーになれば入居者の退去後には、リフォームが必要になります。

 

 

庭付きの戸建ての場合、空室の時期の庭の手入れもオーナーの役目になります。隣人トラブルなどがあれば対応もしなくてはなりません。

 

広がる不動産投資

 
最近では、年金の支給開始年齢が、どんどん上がっています。けれど年金受給額は下がっているのが現状です。

 
このことから老後など、将来を安心して過ごす為に、不動産投資に注目が集まっています。

 
不動産投資なら、物件のローン返済期間も家賃収入を得られ、ローン完済後には多くの家賃収入を得る事が可能になります。

 

不動案投資を始めた人達は、家賃収入を目的とした人や家族に物件を資産として残していきたいと考えている人など不動産投資に対する考え方も、様々です。

 

比較的、低いリスクで長期的に収入を得る事が出来る事から、普段は会社で働きながら副業として、不動産投資を始める人達が増えてきています。

 

 

専門知識を持った信頼できる不動産会社の人とパートナーになり、不動産投資が軌道になれば、将来の老後も安心して迎える事が出来ますね。