5ドル君5ドル君

カードローンとキャッシングの違いって以外と知らない人も多いんじゃないかな?僕自身未だによくわかっていないから解説して欲しいな


 
ガネーシャンガネーシャン

お金を借りる際に【カードローン、キャッシング】に関する知識は早めに付けておくと良いかもね。


 

お金がない時の手段としてキャッシングやカードローンを利用する時に、基礎的な考え方を持っていないとリスクがあると思います。

 

この記事では始めてお金を借りる場合の注意点や知っておくべきことをまとめてみました。

 

キャッシングとカードローンの違いは何?

 

キャッシングとカードローンは大きな括りで言うと【お金を借りる】という事に変わりはなく、
その手段や方法が異なると言えるでしょう。

 

キャッシングとはクレジットカードやキャッシングカードを使ってお金を借りる事

 

例)プロミス、アコム、アイフル、レイクなどの消費者金融で借りる場合が多いでしょう。

 

カードローンとはクレジットカード等を使ってお金を引き出すことを指します。

 

消費者金融に比べて、返済方法が毎月分割で支払う事が多い特徴があります。

 

結論から言うと大きな違いはなく、自分に合った会社を選ぶという事が一番だと思います。

 

今の時代は金利や返済方法に大きく違いがあるわけではなく、自宅の近くにある会社を選択する人が多いという事実もあります。

 

お金を借りる場合には信頼出来る会社から借りたい願望が強くなるので、CMや広告で良く見る大手会社を選ぶ事が無難だと判断する人も多いでしょう。

 

 

またプロミスやアコムでは店舗が全国的に多く、キャッシングの審査に通ることができればお金を即日でも借りれる特徴があります。

 

 

キャッシングの審査基準とは?

 

 

お金を貸す側も、本当に借りる人が返済責任を果たしてくれるのかを審査する必要があります。

 

 

会社側からしても、慈善活動ではなく、ビジネスなので当然の考えでしょう。

 

 

では審査をする場合にはどの点をチェックされるのか気になると思います。

 

 

審査には幾つかの項目があります。

 

 

●年収、収入、勤務先

 

要は借りる人が、借りた後にお金を稼ぐ保証があるとかどうかの判断です。

 

お金を貸す側の気持ちになると凄くよくわかりますが、友達にお金を貸すときに

働いている友達(返済能力がある)

 

無職で働いていない友達(返してもらえないかもしれない)

 

という判断をする事と同じです。

 

消費者金融、銀行に関わらずこの審査は必ず有ると言っても過言ではありません。

 

●在籍確認

 

消費者金融関係の映画やドラマで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

例えばAさんがBという会社で働いていると言ったとしても、それを証明出来る書類を提示するのは難しく、
一番簡単な方法としては、B会社に電話をかけてリアルタイムで働いているか確認をする方法です。

 

●信用情報審査

 

社会的信用があるかどうかは、金融の世界では過去の行動を見て判断するようになっています。

 

 

キャッシングの経歴、クレジットカードの支払いに遅れはないか?今まで債務整理の経験があるかどうか。

 

 

例え今働いて、お金があったとしても、信用情報がブラックになっていれば、金融の世界では審査に通りにくく、
お金を貸すことが出来ないと判断する会社もあります。審査基準は会社によって異なっているので、昔はグレーゾーンの街金などはこの審査が緩かった傾向があります。

 

 

●他の金融会社から借り入れはないか?

 

 

例えばプロミス、アコムでお金を借りていて、返済が滞っていると判断されれば3社目の消費者金融、銀行はお金を貸してもらいにくくなります。

 

この基準は3社目から審査が厳しくなると言われています。特に大手金融会社としてはハイリスク、ハイリターンのお金の貸し方ではなく、堅実なお金の融資をするので厳しいでしょう。

 

 

他にも会社によって多くの審査基準があり、この審査に通る必要があります。

 

 

これらの基準値は過去の返済できなくなってしまった人の傾向を元に出されていると言われています。

 

 

逆にこの審査がある事で助かる消費者もいるはずです。無理な借り入れは自分の首を絞めてより生活を苦しめることがあるからです。

 

 

審査の際に必要な本人確認書類はシンプルです。

 

●免許書

●保険証

●パスポート

 

を利用する事ができます。これは他の本人確認書類と大きく異なることはありませんのでご安心ください。

 

 

自分に合った金利が低い会社を選ぶ

 

 

お金を借りる上で重要視したいポイントは【金利が低くて、尚且つ安心出来る会社】を選択する事です。

 

 

インターネットで様々な消費者金融、銀行から即日融資を受けることが出来る場合も多く、金利もしっかりと記載されています。

 

 

土日借り入れ可能、専業主婦、フリーター、アルバイト、正社員等。様々なケースによっておすすめの業者は異なります。

 

 

お金を借りる上での注意点

 

 

昔に比べるとお金を借りる事のハードルがかなり低くなりました。その日の内に審査を通れば会社からお金を借りる事ができます。

 

 

お金を借りるハードルが低くなった分、自分でリスク対応や注意点を知っておく必要があります。

 

 

返せる見込みがないなら借りない方が良い

 

借りたお金は必ず返す必要があります。

 

 

一時的にお金がなくて、借りるのは仕方がないと思いますが、一切返すあてがない場合には借りない方が得策でしょう。

 

 

一つの大きな理由として、返済できない場合には、個人の信用情報に傷が付くことになります。

 

ここで信用情報がブラックに登録されてしまうと、今後お金を借りる審査も通りにくくなりますし、
新しくクレジットカードを作れない場合もあります。

 

また住宅ローン等の今後の審査にも影響してしまうことがあるので、注意が必要です。

 

給料日までにお金がなくて、給料さえ入れば返済出来る。こうした状況の場合には問題ありませんが、
万が一のケースも想定した上でお金を借りる事が得策だと思います。